とうとう世にいうアラフィフとなってしまった。いわゆるバツイチでもある。前妻のとの間には子供が二人いるが、それぞれ立派に成長してくれた。前妻と一緒に住んでいたのだが、幸い相手も理解があり、お互いにいい父親、いい母親でいようという意見は一致していた。

面会ももちろん許されていて、回数や時間にも制限がなかったので、お互い会いたい時に会い、人生の節目では思う存分話し合うこともできた。これは本当に幸運だった。子供も成人したことだし、これからはより自分の人生を豊かにしていきたくなった。もう結婚はいいかなとも思ったのだが、考え方やフィーリングが合う仲のいい相棒がどうしても欲しくなってしまった。若い頃の情熱的な恋愛はもうできないかもしれないが、静かに充実した時間を一緒に過ごせる相手はどうしても欲しい。見た目や容姿などはもう二の次である。多少の好みはあるが、それよりもどんな考え方をし、普段の生活でどのような所作をしているのかが大きなポイントになる。頑張って中年の婚活をしてみようと思う。