プレー内容を知るデータはフェアウェイキープ率、パーオン率、パット率など部門別データは70台で回れるレベルの方が気にすればいいデータです。90、100を切りたいというレベルの方はあまり気にしないでいいことでしょう。

練習が不十分でスコアをあげたい・・・誰しもがそう思うことですが、その方法は各ホールごとのハンデと距離を頭に入れる事です。難しいコースは慎重に謙虚にプレーし、簡単なホールは大胆に思い切ってプレー。シンプルですがこれこそ、スコアメイクのポイントです。

各ホールには難易度があります。レベルが違います。それにプラスしてPAR4も難しかったり簡単だったりしますね。これをしっかり理解している方は、大たたきをしないはずです。

その各ホールのハンディキャップに距離を把握すればいろいろなショットの想定が出来ますし、ミスへの処置も十分考えることが出来ます。

昔はゴルフも根性論が通用していた時代がありました。パワープレーで全力を使い果たすストロングスタイルでしたが、クールでクレバーなゴルファーへ。それができたらスコアアップも現実的になるでしょう。

100切りを目指す人はダボオン、90を切りたい人はボギーオンをとりあえず目指してください。ライザップゴルフ,港,区,ゴルフ,レッスン