同じ乾燥肌でも肌質には個人差がありますが、乾燥肌かどうかに限らず、お肌のためにはしておきたいスキンケアがあります。まずは乾燥肌にならないようする為には、お風呂から出た後、時間を置かないでスキンケアローションなどで水分を補給する事です。お風呂から出た後に、何もしないでおいておくと、肌からどんどん水分が蒸発して乾燥肌になっていってしまいます。ですから、そうならないように、お風呂から出たらすぐに保湿そして、クリームなどで蓋をする事です。

話が前後してしまいますが、タオルで拭く時も、ゴシゴシ擦らずに、やさしく拭くことも大切です。乾燥肌の人は、一日の仕事が終わって帰宅したら、できるだけ早くクレンジングを済ませて、スキンケアをしましょう。一般的に、女性は出勤前にメイクを行い、その後化粧崩れを直すために再三メイクを直すために、化粧が幾重にも塗り重ねられます。空気に触れると、メイクはゆっくり酸化します。酸化したメイクは皮膚の負担になり、乾燥肌の症状がより進んでしまうことになります。メイクは一見お肌に悪い影響などがないように思えてしまいますが、長い目で見るとあまり良いものではないのです。特に、アイメイクは重ね塗りすることが多く、また、落としにくいので注意しましょう。社会人としてメイクなしで、仕事いけないと言う人もいるでしょう。メイクをするなとは言いませんが、家に帰ったらなるべく早くメイクを落とす事が大切です。肌タイプに合わせたスキンケア用品を使い、念入りに肌のお手入れをすることも大事です。乾燥肌が気になる人は、時にはスキンケアだけで一日を済ませ、メイクはせずにいるという時間も有用です。

もっちりジェル 効果