キャッシングをした場合にはいくつかの返済方式があります。この返済方式によっても最終的に支払うことになる利息の金額や、返済期間に違いが出てくることがあります。代表的な返済方式についてチェックしていきましょう。

通称リボ払いと呼ばれている方式に残高スライド元利定額リボルビング返済方式というものがあります。この返済方式は、残高に応じて毎月決まった金額を返済する方法で、その返済する金額には返済する時に支払う利息の金額も含まれます。そのため返済期間が長引きやすい方法になります。この元利定額の部分が異なるリボ払いも存在しています。元金定額リボルビング払いの場合には、毎月定額の元金にプラスして利息を支払うことになるために、元利定額の返済方法に比べると返済期間が短くなり、最終的に支払う利息も低く抑えることが出来るようになります。

また定額ではく定率という返済方式もありますが、この定率の場合には、元金に対して一定率の返済を行うことになるため、なかなか返済が終わらないケースがあります。リボ払いの中でも、早く返済が終わるのは元金定額で、一番返済期間が長引きやすいのは元利定率と考えると分かりやすいですよね。よくチェックしてみてください。