男性が不妊治療のために病院に行くと、医者からいくつか問診されます。

そのうちにタバコとお酒やアルコールに関しは必ず聞かれるでしょう。

お酒とタバコをストレス解消目的にすることは男性の妊活には効果的?

一般的に考えて、タバコは体に悪いということは誰もが否定することはないでしょう。

日々の愛煙家も健康になるためにタバコを吸っている人は誰もいません。

妊活はストレスを受けることは決してプラスに働かないので、ストレス解消を目的に毎日タバコを吸っている人は禁煙することは非常に悩ましくもあります。

しかし、この場合はいくらストレスを感じても禁煙するほうが妊活には効果的と言えるでしょう。

妊活にとってお酒は『百薬の長』と言えるのか?

では、お酒などのアルコールはどうでしょうか?

妊活中の男性にとってお酒は禁酒とまではいきませんが、過度な飲酒は控えるようにアドバイスされます。

なぜなら、お酒やアルコールは活性酸素を増幅させるからです。

男性の生殖機能は活性酸素によって傷つけられるので、できるだけ体内で活性酸素を発生させないライフスタイルが大切です。

活性酸素はストレスでも発生するので、禁酒することでストレスを感じてしまう人はお酒を飲む際にはアルコールの適切な量を心がけましょう。

妊活に適したアルコールの種類

それに、お酒と言っても妊活に適したアルコールと、適していないアルコールがあるので注意が必要です。

しかも、お酒の席というのはどうしても脂っこい食事であったりするため、結果的に肥満にもつながります。

肥満体の男性はダイエットも重要な妊活であることを忘れないでください。

妊活中の男性にとってお酒の付き合い方とは?