耐用年数は、原則的には一生もつとされていますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、

その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は決して看過できるものではありないでしょう。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありないでしょう。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間は禁煙あるのみです。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使いはじめてから、前はしなかった口臭がするようになっ立ということもままあるようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。
理由としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れないでしょう。

自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。前山歯科/矯正歯科

義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療をはじめる前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べて下さいね。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。
ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。