日常でミネラルウォーターを飲んでいる人は少なくないと思います。ここではミネラルの入ったお水という意味でミネラルウォーターと言っていますが、それにもいろいろと種類があるものです。

天然水であったり、一度純水にしたお水に人工ミネラルを添加したものなんかもよくあります。どれを選ぼうとそんなに問題ではありませんが、やはり個人の好みになってくるでしょう。天然水を選ぶ人はやはり筆者個人的には健康志向な人なのではないかと思います。

ピュアウォーターは一切飲まず天然水のみを好んで飲んでいる人は多いと聞きます。しかし、この前こんな話を耳にしました。確かに天然水というのは天然ミネラルが多分に入った栄養たっぷりのお水です。

しかし、そのミネラル量というのはあくまでもお水に入っているミネラル量の基準であり、私たちが普段食事から摂取しているミネラル量に比べればお水に入っているミネラルなんて実に微々たる量ともいえるのです。

その程度のミネラル量をわざわざ水から摂取しようとするのは果たして効率的と言えるのかという点です。筆者もこの意見を聞いてから、水に含まれるミネラルに対する見方が多少なりとも変わりました。私たちは水からミネラルを摂取することにそこまでこだわる必要はないのだと。

ただ、ミネラルが多少含まれていたほうが私たち日本人の味覚に合っており、味がまろやかになります。そういった意味で美味しく水を飲むためにミネラルを意識するのは良いでしょう。しかし、栄養を摂取するという目的でミネラルの多く含まれた水を飲もうとするのは実に非効率的と言わざるを得ないんですね。

私たちの健康に大切なのは含まれるミネラル量ではなく、とにかくお水(H2O)をたくさん飲むこと。水分補給を欠かさないことなんですね。水の専門家ともいえるウォーターサーバー宅配水会社の方もそうおっしゃっています。最近は従来のウォーターサーバー機器だけでなく、卓上タイプのウォーターサーバー、おしゃれなデザインのもの、省エネ機能に優れたものなど実にさまざまな種類が出てきて、設置するご家庭も増えてきており、毎日手軽にお水を飲める環境が整ってきているようです。実に望ましい事といえます。