車のディーゼルエンジンについて書いていきます。ディーゼルエンジンには

どのような特徴があるのでしょうか。まずディーゼルエンジンの圧縮比についてですが、圧縮費は16:1程度というふうに言われています。ガソリンエンジンの場合ですと通常10対1の程度になります。ですからディーゼルエンジンはガソリンエンジンよりも高い圧縮比で9機を圧縮するということができます。空気に高い圧力を加えますとどういうふうになるのでしょうか。みずから発熱し高温になって行きます。そこへ霧状の軽油を噴射するということによって、自然着火が起きます。そして爆発的な燃焼が起きるという事位なります。そのエネルギーがピストンを押し戻す動力というふうになります。ディーゼルエンジンは高い膨張日を持つということによってガソリンエンジンよりも効率性が非常に高いということができます。ですが、高圧縮に耐えることができるようにシリンダーブロック、ピストンといったエンジンの基幹部品がガソリンエンジンよりもずっと高い強度になる必要があります。そのためにエンジンが重くなってしまいコストも高くなるということがディーゼルエンジンの弱点ということができるでしょう。車買取 大阪