朝、珍しく早く起きて会社へ行くまでの間に2杯もコーヒーを飲む時間が生まれました。
新聞を読みつつ、のんびりと「もう1杯飲むか」という感じの余裕です。

それから朝ご飯を食べたのですが、直ぐにトイレへ行きたくなりました。
朝のうちにこれだけゆっくりと飲んだりすると、腸は目覚めるんだなあと実感。

しかも、お腹が空っぽな感覚が快感です。
すっきりとして身体も軽く感じられ、クセになりそう。

それからは早起きしたくてたまらないという気になってきました。

当然、早々に夜の早寝も習慣化されました。
お腹のすっきり感を味わいたくて、早く寝て早く起きる。

これって、夜のうちに働く腸の働く時間を長くして、助けているのと同じことになるようです。

だから、この生活のサイクル自体がすべて便秘解消へと流れているわけです。

この「毎朝お腹空っぽ計画」が功を奏し、お腹が凹んでいる状態が普通の私になりました。
するとお腹が大きくなるのが嫌で、余分なおやつをカットするようになる。

今の私、万事上々です。

幼児が便秘で頭痛に!?我が家の娘が改善したコツ