乳酸菌やビフィズス菌と聞くと乳製品を思い浮かべますよね。
でも実際に違いについては知らない方も多いと思います。
なんとなく腸によさそうだから摂っている、そんな感じですよね、

今回は乳酸菌とビフィズス菌の特徴をまとめてみました。

例にヨーグルトの話をしていきます。
ヨーグルトを作る発酵の工程で乳酸菌は必要になってきますので
一般的なヨーグルトには必ず乳酸菌は含まれています。
それに比べてビフィズス菌は一部の限られたヨーグルトにしか入っていません。
だったら両方入っているものを選んだほうが良いですよね。

腸内環境を整えてくれる善玉菌は乳酸菌とビフィズス菌が中心です
ちなみに人間の腸内割合は乳酸菌は0.1%でビフィズス菌は残りの99.9%と言われています。

ということはヨーグルトにビフィズス菌が入っているものを選んだほうが
腸内環境が整いやすいということがわかりますよね。

今まで何となくヨーグルトを買っていた方は今後はビフィズス菌に意識してみてください!

腸内環境を正常にする健康器具はコチラから!