女性の肌の悩みで多いものがしみとしわですが、できてしまうには原因があるのしょうか。紫外線による肌の老化が原因で、しみやしわができてしまうことが広く知られています。人間の体が加齢による変化を受けるのは活性酸素が要因ですが、紫外線はこの活性酸素の増加を促します。活性酸素を照射されると、しみの原因物質であるメラニン色素が増加してしまいます。メラニン色素そのものはターンオーバーの過程で排泄されるので、決して悪いものではありません。しかし、何らかの原因でターンオーバーが遅れたり、メラニンが過剰に作られてしまうと、しみになってしまいます。しみを防ぐためには紫外線対策をしっかりとすることが重要です。皮膚に刻まれるしわは、浅いものと、深いものとがあります。浅いしわは、目尻に口元にできる表情じわです。皮紋という皮膚の細かいでこぼこが、一定の間隔や深さで並んでいるうちは、しわもそれほど多くありません。これが年齢による肌の老化や、肌の乾燥、紫外線による影響などで崩れると、しわができやすくなり、だんだんと目に見えるしわになります。加齢は防ぐことはできませんが、乾燥対策や紫外線対策は行うことができるので、これらを防ぐことが、しわ予防の効果的な方法といえます。毎日のスキンケアはもちろんのこと、しみやしわができてしまわないように、紫外線対策を怠らないようにしましょう。保湿化粧水