体につく脂肪には皮膚の下につく皮下脂肪と内臓の周りについてしまう内臓脂肪とがあります。
一般的に女性は皮下脂肪がつきやすく、男性は内臓脂肪がつきやすいと言われています。

内臓脂肪が蓄積されるとメタボリックシンドロームと診断されやすくなるので、注意が必要になります。
内臓脂肪は生活習慣病のもとになるので、日頃からきちんとダイエットをして内臓脂肪の量を減らしておく必要があります。
内臓脂肪を増やさないためには、日々の食事内容も大事ですが、適度な運動の習慣も欠かせません。

体内に蓄積された内臓脂肪を減らすには、一定の時間以上の有酸素運動が有効だとされています。
有酸素運動というのは、いわゆるランニングやウォーキング、スイミングなどです。
これらのエクササイズを毎日最低でも1時間程度を取り入れることによって、
内臓脂肪をしっかり落とすダイエットができるというわけです。

運動を毎日継続することは現実的でないと考える人もいるようですが、日々の生活に組み入れることは難しくありません。
例えば毎日の出勤時にバスを使わないで歩くとか駅やオフィスでエレベーターを使わない、
駅から数駅は歩いてみるなど簡単にできる方法があります。

ダイエットのために無理をするのではなく、日々の生活の中で少しだけ運動の機会を増やすようにしてみましょう。
大がかりなことを始めると身体に無理がきますので、間食をやめたり、
歩く距離を伸ばすなどの、ダイエットを意識した行動から始めましょう。

ライザップ【公式】~もうダイエットで失敗したくない方へ~