1.大抵は光脱毛です
サロンでの脱毛といえば光脱毛が一般的です。
施術部位に脱毛を促す光を照射して作用させるので、自己処理のようなダメージがないのも人気のひとつではないでしょうか。
施術を受ける前にまず自分で剃るなどして、ムダ毛をきれいに処理する必要があります。
きれいにといってもプロの仕上がりを目指す必要はなく、普通に剃る程度で構いません。
実はこの自己処理は、光脱毛の下準備としてとても大事なことなんです。
ムダ毛が残ったままだと光脱毛のライトがムダ毛の黒いところに反応してしまって、本来作用すべき毛根のメラニンにきれいに当たらないばかりか、拡散してしまって効果が得られないのです。
安全性と効果をきちんと提供しているサロンでは、施術が受けられなかったり、次回からのアドバイスを受けてその回は終了、なんてことにもなりかねません。
注意されたあとに施術してもらえたとしても、効果が薄いのなら、きちんと下処理しておけば良かったと思うことでしょう。
光脱毛の下準備として行う自己処理は、簡単で結構です。

2.メラニンが薄いと脱毛しにくい
が、ムダ毛を脱色した状態や、ワックスや美容器具などで脱毛した状態では作用すべきメラニンがなくなってしまうと、光脱毛の効果が得られなくなってしまいます。
自己処理したあとの黒いブツブツが気になるかもしれませんが、光脱毛の場合はその黒い部分が残っていることが良い結果につながるのです。
「剃る」のでなければ、市販のクリームやリムーバー液などで「溶かす」のであれば毛根を残すようにすることが大切です。
普段の自己処理では黒いのを残さないように徹底するかもしれませんが、あくまでも光脱毛のための下準備と思って処理すれば気軽ですし、施術の効果も得やすくなります。